「有明海岸の森林づくり」植樹活動
 ■主催:緑の県土づくりワークショップ企画会議
 ■共済:(社)佐賀県県土づくりコンサルタンツ協会・NPO技術交流フォーラム・佐賀県森林環境技術研究会

植樹記念写真

< 3-B班 >子供たちもがんばりました!

平成25年3月3日(日)、白石町新明地区の有明海岸堤防沿い(むつごろうカントリークラブ南)で「有明海岸の森林づくり」植樹活動が開催され、県内企業や地元の高校、一般の方々等、300人以上の参加者により、「さがの樹」(※注)約3500本が植樹されました。

(株)精工コンサルタントからも、佐々木社長をはじめ、牛草本部長、片倉部長、松本参与、橋間、渕上、浦田の7人が参加者の皆さんと「さがの樹」を植えてきました。

(※注):「さがの樹」とは?:自然環境や生態系の保全、生物多様性の観点から、もともと県内に自生している優良な広葉樹を母樹として認定するとともに、その母樹から採取した種子等を県内で育成して”さがの樹”として認定し、トレーサビりティー(生産履歴管理)を行っている60種の樹木のことを言います。


集合会場

< 集合会場 >
県内の他、福岡からも来られていました。

白石町長の挨拶

< 白石町長挨拶 >
多数の町議、町民が参加されていました。


植樹風景1

< 植樹風景1 >
中央に高木、周辺に小高木・低木を植えます。

植樹風景2

< 植樹風景2 >
植樹指導員の説明をよく聞いて丁寧に植えました。