「伊能展」イベント参加

 ■主催:唐津市、伊能図フロア展唐津 実行委員会
 ■共済:完全復元伊能図全国巡回フロア展中央実行委員会
 ■後援:国土交通省,厚生労働省,環境省,農林水産省,経済産業省,文部科学省,佐賀県,唐津市教育委員会

スタッフ集合写真

スタッフ集合写真

平成2月27日(金)〜3月1日(日)に唐津市で伊能展が 開催されました。目標の4.000名を上回る、約6.000名の来場者となりました。

測量家の第一人者として江戸時代に活躍した伊能忠敬の伊能図を復元したフロア展や、当時の測量機器が展示され、多くの企業による展示会も行われました。

当社は、県土づくりコンサルタンツ協会の協会員として、「ハザードマップを見てみよう」というタイトルで、GCIプログラムを用い、google MAPとハザードマップを重ね合わせ、より確認しやすいハザードマップや、3Dによる海面上昇シュミレーション等を展示しました。

伊能忠敬とは?:江戸時代の商人・測量家。     寛政12年(1800年)から文化13年(1816年)まで、徒歩で17年の年月をかけて全国を測量し『大日本沿海輿地全図』を完成させ、日本史上はじめて国土の正確な姿を明らかにした人物です。 


フロア展-01

< フロア展風景1 >
地元が気になるようで九州は大人気でした。

フロア展-02

< フロア展風景2 >
県内の他、福岡からも来られていました。


精工コンサルタント展示1

<ハザードマップ展示1 >
子供たちも興味津々でした!

精工コンサルタント展示2

<ハザードマップ展示2 >
熱心に地元の情報を確認されてました。



精工コンサルタント展示3

< ハザードマップ展示3 >
 子供から大人まで見ていかれました。

精工コンサルタント展示4

< ハザードマップ展示4 >
ハザードマップ画面です。